FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェラチオの日【1】

 ある日の事だ。
 ムラムラしていた俺は、妹である柚季に、一つの提案をした。
 
「今日は一日、あらゆる場所でフェラチオしてくれないか? フェラチオの日だ」

 柚季からの返事はない。
 聞こえていなかったのだろうか。俺はもう一度、同じ台詞を口にした。
 目線を合わせずに柚季が言った。
 
「聞こえてるけど、聞こえてない振りしてるの」

「何故だ? この俺のちんぽをしゃぶり放題なのだぞ?」

「お兄ちゃんだけ気持ち良くなるなんて……ずるいよ……」

 後半は聞き取るのに苦労するほど、小声だった。
 しおらしい態度で俺の情に訴えかけようとしても、無駄だ。
 フェラチオの日を受け入れないと言うなら、強硬手段に出るまでだ。
 
「俺の魔法を見せてやろぉぉ!!」





「うっ……くぅっ……はぁ、はぁ……」

 柚季は顔を上気させて、荒い息を吐いている。
 額にはうっすらと汗が滲む。
 
「どうだ? 俺特製、貞操帯の付け心地は」

「は、外して……お願い……」

 柚季の懇願に対して、何も言わず、俺はスカートをめくり上げた。
 黒いゴム製の貞操帯が露になる。
 鍵穴の無い錠でしっかりと固定されたそれは、俺にしか解く事が出来ない。
 
「俺を満足させる事が出来たら、外してやろう」

 ツルツルとした手触りの貞操帯を撫でる。
 内側には、球形の突起がいくつか付いており、こうして手を沿わせていると、微かに振動が感じられる。
 それが柚季の態度の原因だ。
 
「分かった……約束、ちゃんと守って、ね……?」

 念押ししてから、柚季が俺の前に跪いた。
 ベルトが抜かれ、パンツが膝まで降ろされた。
 すでに勃起しているちんぽに、柚季が舌を伸ばした。
 裏筋を、根本から亀頭へ向けて舐め上げられる。
 快感と、柚季を支配している事への興奮に、背筋がゾクゾクと震えた。
 
 柚季は口を大きく開き、亀頭を咥え込んだ。
 顔を前後に動かし、『抜き』にかかった様に思える。
 温かく、柔らかな口内の感触に、思わず身を委ねそうになるが、まだ射精すべきではない。
 俺は腰を引いて、ちんぽを柚季の口から引き抜いた。
 唾液が糸を引き、柚季は熱っぽい息を吐いた。
 俺がズボンを履き直す動きを見せると、不思議そうに首をかしげている。

「さて、出かけようかな」

「えっ? 外してくれるって……」

 そう言った柚季は、太ももをきゅっと、閉じて、快楽に耐えている様子だった。
 俺は柚季の唇を親指で撫でた。
 
「ああ、外すよ。俺が満足したらな」

 指先に付いた、唾液と我慢汁が混ざった物を舐め取り、俺は柚季に背を向けた。
 柚季はよろよろと立ち上がり、俺の後を追ってきた。
 
「魔法で結界を張ってあるから、外で何をしようと、そこまで干渉して来ない」

「そ、そこまで、って、どう言う事……?」

 通報されたりはしないが、じろじろと見られる事はある。
 そうなる様に、魔法を使ったのだ。
 我ながら、万能過ぎて変な笑いがこみ上げる。
 柚季は訝しみながらも、俺に続いて外へと出た。
 
「まずは……腹ごしらえと行くか」

 空間転移の魔法を利用し、某ファミレスまでやって来た。
 平日の午前中なので、人はまばらにしかいなかった。
 店員に案内され、中年主婦集団の近くに席に通された。
 適当に料理を頼み、柚季に話しかける。
 貞操帯により、秘部を刺激されている事を周囲に悟られまいと、強張った様子だ。
 
「俺を満足させなくて良いのか?」

「え……? でも、ここで……?」

「さっきも言ったが、大事には、ならないよう、手は打ってある」

 それでもなお、柚季は動こうとしなかった。
 ならば仕方あるまい、俺は指を鳴らして、魔法を発動させた。
 柚季が身に着ける、貞操帯以外の物が、全て透明に変じた。
 徐々に服が透け、白い肌がぼんやりと浮かび上がる。
 程よく引き締まったお腹、豊満な胸に、ツンと勃起した乳首。
 
「えっ? い、いやぁっ!!」

 悲鳴を上げて慌てて胸を隠すも、それは裏目に出た。
 却って視線を集める結果となった。
 ひそひそと、冷ややかな声色が上がる。
 
「柚季、早くした方が良いんじゃないか? 昼が近づけば、人はもっと増えるぞ?」

 柚季は顔を赤く染めながら、俺を睨んだ。
 
「もっと恥ずかしい目に遭わないと、理解出来ないか?」

 胸を隠したまま、柚季がテーブルの下へと潜り込んだ。
 彼女が座っていた位置には、滴り落ちた愛液が小さな染みを作っていた。
 股の間に来た柚季は、片手でチャックを開き、おちんぽを取り出した。
 すぐに口は付けず、おちんぽを指先で撫でている。
 我慢汁を塗り広げられる様な、おちんぽの弄り方は心地良くあったが、今日はフェラチオの日だ。
 柚季を急かそうと、貞操帯内の振動を激しくしようと思ったが、先に柚季が口を開いた。
 
「柚季の事虐めて、お兄ちゃん、興奮した?」

「ああ……まあな……」

 気恥ずかしくて、ぶっきらぼうに言ってしまったが、柚季は満足したようだ。
 ふふ、と笑ってから、おちんぽを口に含んだ。


→【2】へ続く

◆目次へ戻る
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

フリーエリア
プロフィール

白井木流

Author:白井木流
当ブログは18歳未満の閲覧を禁止しています。
掲載されている小説は全てフィクションです。

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。