FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバル登場【2】

 ぬるり、と触手がラバースーツに入り込んだ。
 イルの首筋にくっきりと、触手の形が浮き上がった。
 
「うう、ぬるぬるして、気持ち悪い……」

 嫌悪感を露にするイル。
 こんな格好をしている方が悪いと言わんばかりに、触手はより深く、その身体に絡みつく。
 
「あっ、あっ、やっ、ん……」

 触手が胸をまさぐり、尻を撫でる。
 その様子が、身体にぴったりと密着しているスーツの上から、良く見える。
 黒く、光沢を放つスーツの表面が蠢き、膨らむ様は、まさに犯されている最中と言えた。
 
「あー……ふあっ、あっ……はぁ、はぁ……も、もう良いだろ?」

 額にしっとりと汗をかき、前髪が張り付いている。
 触手を操作し、勢い良くラバースーツの外へ排出させる。
 にゅるるるっ。
 
「はぁっ、あっ、ああぁぁぁ!」

 密着したスーツの中を高速で移動され、イルはあられもない声を上げた。
 スーツの外へ出た触手は、身体を縛り上げていた縄と共に、イルから離れ、消滅した。
 俺は魔法で小さなナイフを作り出し、イルに向けた。
 小さな悲鳴を漏らす彼女の、胸へとナイフを突き出し、円を描いた。
 胸だけが露出するように、スーツに穴が開いた。
 
「この俺が、女の肌に傷をつける訳ないだろ」

「び、びっくりした……」

 露になった小さな胸は、汗と触手の粘液で濡れ光っていた。
 
「相変わらず……育ってないな」

 ピンと勃起した乳首に指を伸ばし、軽く転がす。
 
「うっ、う、うるさい!」

 顔を真っ赤にして、吼えるイルだが、乳首を弄り続ける内に、反応が変わって来た。
 はぁはぁと荒い息を漏らし、時折体を震わせた。
 
「なんだ? 感じてるのか? 胸だけ丸出しにした変態みたいな格好で」

「ち、ちがう! そんなっ、うっ、ああっ……や、やめろ……」

 イルは身を捩り、乳首責めから逃れようとした。
 触手に全身を愛撫され、乳首を苛められた状態では、身体に力が入らないようだ。
 四つん這いの格好で、這いずる様にしている。
 
「そういや、アナルに何か入れてたな……」

 俺はアナルプラグに手を伸ばしたが、イルが先に、それを隠した。
 
「や、やめろ!」

「嫌だね」

 魔法でイルの手を麻痺させると、俺はプラグの取ってを掴んだ。

「知ってるか? この手の魔力を増幅させるアイテムは、魔法が良く伝わるんだぜ」

 快感を沸き立てる魔法を、プラグに流した。
 腸内に響き渡るそれは、イルの理性を簡単に壊した。
 
「へっ、あっ、あひぃ、あぁぁぁぁぁっ!」

 舌を突き出し、ビクビクと体を震わせ、果てたようだ。
 俺はアナルプラグを引き抜いた。
 スーツの尻にはプラグを挿す為に、切り込みが入れてあった。
 おまんこから流れ滴る愛液が、そこからダラダラと溢れ出す。
 扇情的な光景だった。
 
「か、返して……」

 イルは、俺の足にすがりつき、アナルプラグを取り返そうと手を伸ばす。
 もう戦える気力は残っていないはずだ。
 
「どうしてこれが欲しいのか、言ってみろ」

「うくっ、ふーっ……ふーっ……」

 荒い息だけを吐き、イルは何も言わなかった。
 俺から聞いてやろう。
 
「さっきの、気持ち良かったのか?」

 相変わらず呼吸だけを繰り返すイルだったが、ややあってから、小さく頷いた。
 
「だったら入れてやるよ。こっちにケツ向けろ」

 ゆっくりとした動きで、イルが四つん這いになった。
 俺は、頭を押さえつけ、尻をもっと高くあげろと、軽く平手ではたいた。
 
「よし、あとは入れやすい様に、尻を両手で広げろ」

「う、うう……」

 イルはプライドと欲求の中で、迷っているようだ。
 
「さっさとしないと、これは捨てちまうぞ?」

 しぶしぶ、と言った風に、イルは両手で尻を掴むと、ぐっと広げた。
 薄く色が染みた、アナルが物欲しげにひくひくと震えているのが、良く見えた。
 指先で軽く撫でると、イルは喘ぎ声を漏らした。
 プラグを通して発動させた魔法が効いているようだ。
 おまんこから滴る愛液のおかげで、滑りも良い。
 
「これなら充分だ。入れるぞ」

 俺はイルが欲して仕方なかった、プラグを彼女の顔付近に放り投げた。
「え?」と呆けた声を上げたイルのアナルに、俺はちんぽを押し当てた。

「俺の勝ちだな」

 ぬちゅっ、と音を立て、亀頭が肛門を押し広げた。
 
「え、あ、やっ、あっ、あぁぁ……」

 相当敏感になっているようだ。
 先端が少し入っただけで、イルは全身をガクガクと震わせた。
 俺は一思いに、根本でねじ込んだ。
 
「あぁあぁぁぁぁぁあぁぁぁっっ!! ゾ、ゾクゾクするぅ……!」

 絶叫の様な声をあげ、イルは俺のちんぽをしっかりと受け入れた。
 入口がきつくちんぽを締め上げ、腸壁が柔らかく亀頭を包み込んだ。
 俺はその快感に、思わずうめき声を上げた。
 
「くっ……凄い締め付けだが、俺は動くぜ……」

 ゆっくりとだが、ピストン運動を始める。
 腰を振るたびに、たまらない刺激がちんぽに走る。
 それはイルも同じ様で、めちゃくちゃに喘ぎ、身体を震わせた。
 ラバースーツに覆われた、黒くツルリとした尻を撫で回しながら、俺は詠唱を始めた。
 
「あっ、あっ、な、なにをするつもり……?」

 俺は答えずに、詠唱を終え、魔法を発動させた。
 イルの身にぴったりと張り付いていたスーツが、消滅する。
 ぽたぽた。
 スーツ内に溜まっていた汗や汁が音を立てて、床へ落ちた。
 むわっ、とイルの身体から、女の匂いが立ち込めた。

「いやらしい匂いだな。この変態が」

 俺はイルの身体に手を伸ばし、上半身だけを起こした。
 乳首を軽く摘まむと、イルは喘ぎ、アナルをきゅっと締めた。
 匂いに当てられた俺は、腕を持ち上げ、ツルツルの脇に舌を伸ばした。
 レロレロと舌を往復させ、汗を舐め取る。
 
「やっ、あっ、ああぁぁっ、やめっ、やめてぇぇ! 恥ずかしい……っ! あっ、あん……!」

 イルの様な反応を受けて、止める男なんていないだろう。
 俺は唾液を撒き散らす様に、乱暴に、イルの脇にむしゃぶりついた。
 腰の動きが自然と早くなる。
 
「あっ、いっ、イクッ! お尻で、ちんぽにイカされる……っ! あっ、あぁぁっ!!」

 ぎゅぅっ、とアナルが締まり、全身がビクンビクンと震えた。
 俺も釣られて、果てた。
 イルの腸内に、精液が迸った。
 
 



「つ、次は必ず勝つからな!」

 279敗しても、諦めないその根性だけは、誇りに思って良いだろう。
 果たして、本当に勝つつもりがあるのかは、分からないが。
 
「な、なぜ黙っている」

「いや……考え事だ。次はどうやって倒してやろうかと思ってな」

「ふん。次は私が勝つんだ、お前は保険でも探しておけ」

 イルはそんな事を言って、俺に背を向けた。
 魔法の詠唱を始めると、彼女の足元に魔方陣が現れた。
 すぐに魔法界への転送が始まる。
 
「そ、そうだ! 一つだけ言っておく事がある」

「なんだ?」

「……なるべく柚季が居ない日に来いよ!」

 イルは首をかしげ、「分かった」とも「知らない」とも言わずに、魔方陣と共に消えてしまった。
 ……イルに勝機があるとすれば、浮気に怒った柚季が俺を刺す様に仕向けるくらいだ。
 そこまで考えていないと良いが。
 俺は少し不安に思いながらも、家へと戻るのだった。



◆目次へ戻る
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

フリーエリア
プロフィール

白井木流

Author:白井木流
当ブログは18歳未満の閲覧を禁止しています。
掲載されている小説は全てフィクションです。

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。