FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話「兄は妹に……」


 妹の傍らに膝を付き、ぴっちりとした衣装の上からなだらかに膨らむ胸を撫でる。
 
「んっ……お兄ちゃん……」

 痛々しいほどに勃起した乳首が、手の平に引っ掛かった。
 
「大丈夫か? こんなになるまで無茶しやがって……」

 下半身に手を伸ばし、おパンツに手を突っ込む。
 もはや下着として意味を成していない程におびただしい量の愛液。
 手を引き抜くと、愛液が糸を引いて伸びていた。
 
「下もぐちゃぐちゃじゃないか……今、楽にしてやるからな!」

「駄目! お兄ちゃん! おちんぽ人間の呪いに掛かってるのに、エッチなんてしたら……!」

 俺は亜里香の言葉を遮る様に、華奢な身体を抱きしめた。
 小さな悲鳴が上がるのもお構い無しに、背中に回した腕に力を込めた。
 
「たとえ俺がどうなろうと、お前を助けたいんだ。このまま振動責めの虜になって、堕ちるお前なんて、見たくないんだ!」

「お、お兄ちゃん……!」

 抱きしめた小さな身体を、傷付けない様に、ゆっくりと床に寝かせる。
 覆いかぶさるような体勢で、俺は妹に口付けをした。
 
「ん……んっ……んく……ぷはっ……はぁ……お兄ちゃん……」

 亜里香の瞳は、うっとりした様な、女の目付きに変わっていた。
 全部は脱がせずに、衣装をずらして胸を露にさせる。
 可愛らしい薄紅色の乳首に、俺はむしゃぶりついた。
 
「はっ、ん、ああぁっ、おっ、お兄ちゃんっ、お兄ちゃん!」

 亜里香は俺の頭を包み込むように、抱きしめ、悦びの嬌声を上げた。
 ぷっくりと膨らんだ乳首を舌でレロレロと転がし、ぐりぐりと突く。
 
「んんっ、ん、あっ、気持ち良いっ……お兄ちゃんっ、気持ち良いよぉ……」

 歯を立てると、亜里香はますます喘いだ。
 胸はこの程度で良いだろう。
 愛撫が必要ないほどにおまんこが蕩けきっているのは、分かっているのだ。
 
「初めてが、あんな馬面に見られながらで、悪いな……」

 そう言って下半身へ手を伸ばす。
 亜里香は首を横に振って見せた。
 
「どんな場所でも、お兄ちゃんがしてくれるなら……私……」

 衣装ごとパンツに手を掛けると、亜里香は脱がせやすいようにと、腰を浮かせた。
 その動きが何だか淫らに思えて、俺のおちんぽはビクビクと震えた。
 とろぉっと、愛液が糸を引く下着を脇に置いて、俺はそこに手を伸ばした。
 火照った媚肉は、熱く潤っていた。
 割れ目に沿って指を這わせる。
 エロさと幼さの混じり合った魅力的な身体が、びくりと跳ね、更に愛液が溢れ出してきた。
 くちゅり。音を立てながら、指をおまんこに挿入する。
 俺は、ゆっくりと抜き差しを繰り返し、おまんこをほぐしていった。
 
「ふ……んっ、あ、あ……」

 中に入れた指を軽く曲げて、亜里香を喘がせると、俺は一旦指を引き抜いた。
 人差し指に纏わり付く愛液を、中指にもまぶして、二本で挿入だ。
 
「あっ、あぁぁっ……」

 きゅっと入口が指を締め付ける。
 
「亜里香……大丈夫か? 痛かったらすぐに言うんだぞ?」

「痛くないよ……大丈夫だから、続けて?」

 根本まで入れた指を、ゆっくりと折り曲げる。
 亜里香の反応を探りながら、膣の上側をゆっくりと押す。
 
「あっ、あんっ、ん、あぁっ」

 他より反応が激しかった位置を重点的に、撫で回し、優しくも力強く圧迫してやる。
 
「はぁ……あんっ、はぁ……はぁ……お兄ちゃん……気持ち良い……」

 頬を染めて、蕩ける様な表情で快感を口にする亜里香。
 俺もそろそろ我慢出来なくなってきた。
 
「入れるぞ……!!」

 ギンギンに勃起し、我慢汁を滴らせる剛直を握り、亜里香のおまんこに押し当てる。
 熱を帯びた互いの性器が触れあい、感情の高ぶりが止められなくなる。
 ゆっくりと腰を沈める。
 火照ったおまんこに、おちんぽが飲み込まれていく。
 興奮と背徳感に、頭がくらくらする感覚を覚える。
 ねっとりと絡みつく媚肉をおちんぽで感じながら、膣壁を押し広げ、より深く挿入する。
 根本までおちんぽをねじ込まれ、亜里香は少し苦しそうだ。
 
「大丈夫か?」

「う……んっ、うん……大丈夫だよ、お兄ちゃん……」

 言葉では気丈に振舞っているが、額には汗が滲み、苦しげな表情をしている。
 すぐにでも腰を振って快感を貪りたい所ではあるが、亜里香へこれ以上負担を掛ける訳にはいかない。
 俺はおちんぽで亜里香を貫いたまま、小さな身体を抱きしめた。
 肌を密着させ、大切な妹の体温や鼓動を感じる。
 
「お兄ちゃん、大好き……」

 亜里香も腕を伸ばし、俺の背に回した。
 俺達は、しばらくそうして、じっとしていた。
 もう大丈夫、と、亜里香が小さく呟く。
 俺は少し身体を起こして、ピストン運動の体勢に入った。
 
「痛かったら、すぐに言うんだぞ?」

 あまり奥まで突かない様に、入口付近でおちんぽを動かす。
 ねっとりと亀頭に纏わり付く膣壁が、たまらなく気持ち良い。
 ぬちゅ、ぬちゅ、いやらしい音が響く。
 
「お、お兄ちゃん、気持ち良い……?」

「はぁ、はぁ……あぁ、気持ち良いぞ……」

 本音を言うと、深く深く、子宮に届けと言わんばかりにおちんぽをねじ込みたい欲はあった。

「本当に……?」

 な、なんだ? まさか本心を見透かされているのか?
 俺は冷静を努めて、本当だと念を押した。
 
「嘘つかないで! 口や足でした時、もっと気持ち良さそうだったもん……!」

「そんな事は……」

 無い、と続くはずの言葉は、突然の快感に思わずこぼれた喘ぎ声にかき消された。
 亜里香が俺の身体を足で挟み込んだのだ。
 俗に言う、「だいしゅきホールド」だった。
 それによって、おちんぽが想定していたよりも深くまで刺さってしまった。
 
「うく、はぁ、はぁ……ちょっと、苦しいけど、大丈夫。お兄ちゃんが気持ち良くなれる様に、私の身体、使って?」

 う、うおぉぉぉぉ!
 ここまで言われて遠慮するのは、逆に失礼だ。
 今、この場において俺達は、兄と妹ではなく、男と女だ。
 女が受け入れると言っているのなら、男がすべき事は一つ。
 己の全てをぶつけるのみだ。
 
「あ、亜里香……!」

 俺は荒々しく亜里香の唇を奪い、口内に舌をねじ込んだ。
 がむしゃらに舐めまわし、舌を絡める。
 時折、亜里香は苦しげな吐息を漏らした。
 守るべき妹に欲情する俺は、そんな姿にさえ興奮を覚える。
 その勢いのまま、一度おちんぽを入口まで引き戻す。
 肉棒の圧迫感を名残惜しむかの様に、膣壁が絡みつき、たまらない快感を覚えた。
 
「はぁ、はぁ……亜里香……覚悟しろよ、もう泣いても止めてやらないからな」

 同じく呼吸を荒くしている亜里香は、こくんと頷いた。
 俺は一思いに、おちんぽを根本まで押し込んだ。
 
「あっ、あぁっ……! う、うう……お兄ちゃん……!」

 苦しげな表情。
 肉欲に滾る今の俺には、それが淫らに映った。
 
「あぁ……! 亜里香ぁ……!」

 力任せに腰を振った。
 パンパンと肉がぶつかり合う音が響く。
 小さな、喘ぎとも呻きとも取れる声を漏らす亜里香の身体が、突く度に揺れる。
 俺はもはや、快楽の事しか考えていなかった。
 いかに肉棒を刺激するか、それしか頭になかったのだ。
 亜里香への負担も考えずに腰を振っていた俺が、果てるのはすぐだった。
 こみ上げてくるものを感じ取ると、亜里香の小さな身体を抱きしめ、より深く挿入した。
 
「出るぞ、亜里香……!」

 もう声を出す事も出来ず、亜里香は小さく頷くだけだった。
 びゅっ、びゅる。
 熱いものが、妹の膣内で迸るのを感じた。
 
「あぁ……お兄ちゃんのが私の中に……」

 はぁはぁと荒い呼吸をしながらも、注がれた物を感じる亜里香。
 俺は一瞬冷静さを取り戻すものの、再び射精欲が高まるのを感じていた。
 これが、おちんぽ人間の呪いの効果か……!
 連続射精を身体が求めるが、俺は何とか亜里香の中からおちんぽを抜き去った。
 
「はぁ……はぁ……! し、鎮まれ……!」

 ドクドクと脈打ち、処女を散らした鮮血に染まった極悪な肉棒を握り締める。
 手の中で、射精をさせろと暴れる剛棒を締め付け、亜里香に声を掛ける。
 
「こ、これで儀式は成功のはずだ! た、立てるか……!?」

「うん……! 大丈夫!!」

 様々な液体で、亜里香の下半身は悲惨な事になっていたが、妹は気丈に振舞ってみせた。
 
「おちんちん、辛いと思うけど……少しだけ待ってて。今なら、負けない……! お兄ちゃんに、力をもらったもの!」

 力強く言葉を発する妹は、頼もしく見えた。
 丁度、ブルー・ブルもチェーンによる束縛を破った所だった。
 
「くくくっ……! 今度こそ、オレの振動で快楽中毒にしてやるぅぅわぁ!!」

 亜里香とブルー・ブルが、同時に駆け出す!
 

第5話「でろでろねっとり! 不定形淫獣」へ続く!!
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

更新 感謝です

白井木流様。『お兄ちゃんは妹に敵わない』第4話、愉しく読ませていただきました。

とうとう亜里香ちゃんと凡太くん、結ばれちゃいましたねぇ。
兄と妹。禁断の愛ですが、私はこういう展開が大好きです。

それに、妹の亜里香ちゃん。
お兄さん想いの健気でいい子ですよねぇ。

これからも愉しみに読ませていただきますので、どうか続きをお願いいたします。

ご感想、ありがとうございます!

お世話になっております。
とっきーさっきー様、ご感想ありがとうございます。
励みになります。
スローペースですが、良い物を書けるように精進していきたいと思います。

私の書く兄妹は呆気なく禁断の壁を越えていくので、いつかそこに至る葛藤をメインに据えた話も書いてみたいです。

フリーエリア

フリーエリア
プロフィール

白井木流

Author:白井木流
当ブログは18歳未満の閲覧を禁止しています。
掲載されている小説は全てフィクションです。

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。